桧家の耐震診断・耐震補強

たえこ&まもるロゴ
フリーダイヤルでのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

対応エリア 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 宮城県

まずは知ろう 耐震診断

耐震診断

大地震の時に自分や家族の命を守るためには、地震に対して自分の住宅が安全かどうかを診断し、必要に応じ耐震改修をすることが重要です。

耐震診断とは

住宅が地震に対してどの程度被害を受けにくいかといった地震に対する強さ、すなわち「耐震性」の度合を調べるのが「耐震診断」です。診断は、周辺地盤の状態、建物の基礎の構法や状態、耐力要素の量や配置、経年による建物の劣化などを考慮し、現在の構造工学を基に行われます。
阪神・淡路大震災の教訓をもとに1995年(平成7年)12月25日に「建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)」が施行されました。この中では現在の新耐震基準を満たさない建築物について積極的に「耐震診断」や改修を進めることとされています。

阪神・淡路大震災の家屋崩壊イメージ画像

プロの診断があなたの不安を解消

耐震診断士の資格をもったスタッフが平成16年に改訂された国土交通省監修の「木造住宅の耐震診断と補強方法」に基づいて建物を診断いたします。部屋の広さや高さ、間取りなど細部まで建物の傷み具合をチェックします。さらに専門家が床下に潜り、普段見ることのない床下の状況をチェック。現場を知り尽くしたスタッフが漏れなく調査を行います。

リスティングを行っているイメージ画像

診断項目

  • 屋根・屋根裏

    筋かい屋根が重いと、地震時の建物全体に対する負担もそれだけ大きくなってしまいます。建物が倒壊しないために必要な耐力を診断します。
  • 筋かい

    屋根・屋根裏壁の変形、厚み、筋かいの有無、耐力壁がバランスよく配置されているか調べます。壁自体の耐力も調べます。
  • 接合部

    接合部柱と梁、土台と柱、梁と筋かいなどを金物でしっかりと固定しているかを確認します。
  • 基礎

    基礎基礎の種類や亀裂の有無を確認します。基礎は、建物で受けた地震の力を健全に地盤に伝える必要があります。

耐震診断結果報告書と補強についてのご提案

評価1.5以上倒壊しない、評価1.0以上1.5未満一応倒壊しない,評価0.7以上1.0未満倒壊する可能性がある、評価0.7未満倒壊する可能性がある。

耐震診断調査を元に、事務所にて構造計算等を行い、耐震診断結果報告書を作成します。後日、ご訪問しその内容についてご説明いたします。
耐震診断の結果は上部構造評点のうちもっとも低い値が採用され、「倒壊しない」「一応倒壊しない」「倒壊する可能性がある」「倒壊する可能性が高い」の4段階で判定になります。診断結果に応じて補強についてご提案、アドバイスいたします。

総合評価 例
上部構造評価点のうち最低の値 評価 判定
0.72 1.5以上 倒壊しない
1.0以上~1.5未満 ◎一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満 △倒壊する可能性がある
0.7未満 ×倒壊する可能性がある

耐震診断を行うと、住まいの改善ポイントが明確になります。
もし、診断の結果対策が必要であれば弱点を認識し具体的に対策をとる事こそが診断の目的になります。

メニュー
フリーダイヤル0120-77-4146 
(平日 9:00~17:30)
▲ページの先頭へ戻る