桧家の耐震診断・耐震補強

たえこ&まもるロゴ
フリーダイヤルでのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ

対応エリア 東京都 埼玉県 千葉県 神奈川県 茨城県 栃木県 群馬県 宮城県

しっかり改善 耐震設計・診断

耐震設計・補強

耐震診断の結果、耐震性が不足していたとしても専用ソフトで耐震性をシミュレートし、耐震基準を確保するための補強計画を作成します。診断、設計、補強までワンストップでお任せください。

耐震設計診断に基づく補強計画を専用ソフトで設計

耐震診断の結果、住宅の耐震性が不十分な場合、耐震改修工事を行い耐震性能を高める必要があります。専用ソフトで導き出したシミュレーションレポートによる最適な耐震補強のご提案をさせていただきます。住宅の強さ、補強方法などを相談しながら決めて耐震補強を行います。

耐震設計をPCで行っているイメージ画像

診断に基づく補強計画レポート

耐震補強診断から補強工事までワンストップだから安心

耐震診断、綿密な耐震設計プランに基づき、現場を熟知した技術者が施工を行います。耐震・制震システムのような基本的なご提案のほか、屋根の葺き替えや梁補強、地盤改良、基礎補強など多様なご要望に対応できます。安全性の向上はもちろん、耐震性を証明することで資産価値を高めることができます。

主な補強の種類

  • 屋根の軽量化

    屋根の軽量化屋根の葺き替えにより軽量化することで耐震性が向上します。重い瓦屋根を軽い金属屋根などに葺き替えると、建物重量が軽減され、作用する地震力を小さくできます。
  • 壁の補強

    壁の補強新たに壁を増設したり、既存の壁を筋交いや構造用合板などで強くすることによって耐震性を向上することができます。
  • 接合部の補強

    接合部の補強壁、柱、梁が一体となって地震に耐えます。必要な部分を金物などでしっかりつなぎ合わせる(緊結)必要があります。
  • 基礎の補強

    基礎の補強基礎と土台がしっかりしていないと、大きな地震の時は土台が基礎を踏み外して倒壊する危険性が高くなります。補強し、土台をしっかりつなぎ合わせる必要があります。

耐震補強例

屋外施工

屋内施工

後付けホールダウン金物
後付けホールダウン金物
基礎・土台・柱を外から緊結し、ホゾ抜けを防止します。費用が抑えられ、どこも壊さず短い工期で補強できます。
内壁耐震ボード
内壁耐震ボード
今ある壁を強くする耐力壁を追加し補強します。
メニュー
フリーダイヤル0120-77-4146 
(平日 9:00~17:30)
▲ページの先頭へ戻る